勲碧酒造酒蔵開放 蔵開きと日本さくら名所100選の五条川の桜並木でお花見 愛知県江南市

日本酒

早朝から桜彩る『犬山祭』に行ってきてからは、『日本さくら名所100選』にも選ばれている『五条川の桜並木』に程近い愛知県江南市にて大正4年に創業した『勲碧(くんぺき)』が有名な『勲碧酒造』の蔵開きに行ってきました♪

『勲碧酒造』は春は毎年4月の第1土、日曜日に開かれるのですが、四季を通じて蔵開きを行っていて、毎回様々な催しが行われてちょっとしたお祭りになっています(^-^)

名鉄布袋駅から無料のシャトルバスに乗っていざ酒蔵へ(^-^)/

まずは蔵の中を見て回り、『勲碧・純米吟醸・五条川桜』のもろみを見たり、酒母室を拝見しました(^o^)v

一般的には酒蔵の心臓部でもあり、菌を扱うデリケートな酒母室はなかなか見せてもらえないものですが、こちらの酒蔵では中を見ることも可能です(*´∀`)♪

一通り蔵見学を楽しんでからは、『勲碧』の”本醸造・無濾過生原酒”と”純米吟醸・桜酵母・おりがらみ”を無料試飲して、

300円で8枚のチケットが付くチケット制の有料試飲で”純米大吟醸・雄町・無濾過生原酒”、”純米吟醸・夢吟香、”純米大吟醸・杜氏渾身ノ酒・生熟成”などなどを、名古屋市新栄にある武藤さんのお店『肴糀醸やしろ』が出店していたので、クリームチーズと合わせつつ飲んで、ゆったりと蔵開きを楽しみました(*´∀`)♪

それから数年ぶりに蔵開きと桜が満開の時期が重なったので『五条川』の長い桜並木を『勲碧・純米吟醸・五条川桜』を飲みながら散策(^o^)

愛知県の4つの市町村にわたって咲き誇る『五条川の桜並木』は、その中でも岩倉市・大口町・江南市のエリアが『日本さくら名所100選』にも選ばれていて、15kmほどの距離を4000本もの桜が埋め尽くし、桜並木の長さは日本有数という圧巻の名所(*^O^*)

そのあまりに美しく咲き誇る桜並木につい心魅了され、何と岩倉駅まで一時間半くらい掛けてゆっくりと歩いて行き、存分に美酒とお花見を楽しみました(*^-^*)

★勲碧酒造

〒483-8128 愛知県江南市小折本町88

0587-56-2138

水と酵母にこだわる酒蔵、江南市「勲碧酒造」
水と酵母にこだわる酒蔵、江南市「勲碧酒造」は地産地消を目指し、米造りにこだわり続けます。

無料のシャトルバスに乗って『勲碧酒造』に到着(^-^)/

受付を済ませて酒蔵の中へ入ります(^o^)v

仕込み中の醪(もろみ)を見ることができます(’-’*)♪

酒蔵の心臓部とも言える酒母室も見ることができます(^-^)

仕込み水も飲むことができます(^-^)v

この年はなかったですが、年によっては酒造りの実演が行われて、これがまた見応えがあります(*´∀`)♪

有料試飲は10数種類ものお酒をリーズナブルに楽しむことができ、大盛況です(*^-^*)

熱燗も楽しめたり、無料で甘酒をいただけたり、おつまみも売っていたりと宴会ができるのが楽しいです(’-’*)♪

名古屋市新栄にある『肴糀醸やしろ』の店主武藤さん(^-^)

武藤さんの作る料理はどれも日本酒との相性抜群で、とてもいいお店です(*´-`)

酒蔵で存分にお酒を楽しんでからは、『勲碧・純米吟醸・五条川』を飲みながら『さくら名所100選』にも選ばれている『五条川』の桜を楽しみつつ散策(*^-^*)

メイン会場の名鉄岩倉駅付近にはたくさんの屋台が出ていてお祭り気分を楽しめます(*^O^*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました