ワイン

ワイン

国税庁主催 日本ワインを身近で楽しむ会

名古屋市新栄にある沖縄料理居酒屋『南風・新栄葵店』で開かれた国税庁主催の『日本ワインを身近で楽しむ会』に参加してきました。日本ワインの魅力や楽しみ方を伝え、日本ワインをより身近に感じてほしいという目的で全国12会場をオンライン中継で繋いで計6種類のワインをワインに合うおつまみ4種類と共に楽しめ、参加費は無料、各会場は
ワイン

千曲川ワインバレーに恋する新しい秋 軽井沢プリンスホテル・ウエスト 長野県

長野県軽井沢にある『軽井沢プリンスホテル・ウエスト』で、10月31日から11月4日まで開かれている「千曲川ワインバレーに恋する新しい秋」に行ってきました。『千曲川ワインバレー』にあるワイナリー25社46種類のワインが1杯一律500円で試飲でき、日替わりでワイナリーの人たちも来場するこちらのイベント。初日の31日は
ワイン

ドメーヌ・タカヒコ 畑とワイナリー見学 北海道ワインの旅 余市ワイナリー巡り

北海道・余市ワイナリー巡りの最後を締めくくるのは登地区にある日本最高峰の『ピノ・ノワール』を使ったワインを造る『ドメーヌ・タカヒコ』。時刻は日も傾いた夕方、アポ無しで訪れたためワイナリー外観や畑の写真だけでも撮って帰ろうと思っていたところ、ちょうどオーナーの『曽我貴彦』さんが畑仕事からトラクターに乗って戻られるところに
ワイン

オチガビワイナリー 畑とワイナリー見学 北海道ワインの旅 余市ワイナリー巡り

北海道・余市ワイナリー巡りにて、『オチガビワイナリー』に行ってきました。オーナーの『落希一郎』さんは1988年に長野で『サンクゼールワイナリー』の立ち上げに携わり、1992年に新潟で『カーヴ・ドッチ』を設立し、その後さらなる理想のワイン造りを目指して『カーヴ・ドッチ』を譲渡して新たにここ北海道の余市で『オチガビ
ワイン

ニキヒルズワイナリー 畑とワイナリー見学 北海道ワインの旅 余市ワイナリー巡り

北海道・余市ワイナリー巡りにて、古くからフルーツ王国とも言われるほどに果樹の栽培が盛んな二木町にある『ニキヒルズワイナリー』へ行ってきました。32ヘクタールもの広さを誇る小高い丘の上に佇むこちらのワイナリーはまず驚くのがその景観の素晴らしさ。8ヘクタールものぶどう畑が綺麗に列をなしていて、丘の上にあるワイナリーにたどり
ワイン

ル・レーヴ・ワイナリー~葡萄酒夢工房~ 畑とワイナリー見学 北海道ワインの旅 余市ワイナリー巡り

北海道・余市ワイナリー巡りにて、登地区にある『ドメーヌ・ユイ』の『杉山彩』さんと『杉山哲哉』さんに電話していただき、お二人にご案内していただいて二木町にある『ル・レーヴ・ワイナリー~葡萄酒夢工房~』へ行ってきました。ワイナリーへ着くとオーナーの『本間裕康』さんをご紹介いただき、早速醸造所を見せていただくことに。
ワイン

ドメーヌ・ユイ 畑とワイナリー見学 北海道ワインの旅 余市ワイナリー巡り

北海道・余市ワイナリー巡りにて、『登醸造』の『小西史明』さんに電話していただき、繋げていただいて登地区にある『ドメーヌ・ユイ』へ行ってきました。『ドメーヌ・ユイ』は『杉山彩』さんと『杉山哲哉』さんのご夫妻が立ち上げ、2019年にファーストヴィンテージをリリースし、2020年の秋にワイナリーをオープンさせた新進気鋭の
ワイン

モンガク谷ワイナリー 畑とワイナリー見学 北海道ワインの旅 余市ワイナリー巡り

北海道・余市ワイナリー巡りにて、『登醸造』の『小西史明』さんに電話していただき、繋げていただいて『モンガク谷ワイナリー』へ行ってきました。ワイナリーに着くとまずにゃんこがお出迎え。それから物腰が柔らかく優しい口調のオーナーの『木原茂明』さんが出てきてくださって、まずは温かみのある手描きの農園マップを用意してくださって
ワイン

登醸造 畑とワイナリー見学 北海道ワインの旅 余市ワイナリー巡り

北海道・余市ワイナリー巡りにて、『ドメーヌ・モン』の『山中敦生』さんに電話していただき、繋げていただいて日本最高峰の『ツヴァイゲルトレーべ』を使ったワインを生産している登地区にある『登醸造』へ行ってきました。坂道を上り、ワイナリーにたどり着いてからは畑の方へ伺ってオーナーの『小西史明』さんにお会いできました。
ワイン

ドメーヌ・モン 畑とワイナリー見学 北海道ワインの旅 余市ワイナリー巡り

北海道・余市ワイナリー巡りにて、日本最高峰の『ピノ・グリ』を使ったワインを生産している登地区にある『ドメーヌ・モン』へ行ってきました。『山中敦生』さんがオーナーのこちらのワイナリーは日本を代表する造り手『ドメーヌ・タカヒコ』の『曽我貴彦』さんの下で栽培と醸造を2年間学んだ後に独立し、栽培するぶどう品種は『ピノ・グリ』
ワイン

サッポログランポレール 弘津ヴィンヤード 北海道ワインの旅 余市ワイナリー巡り

北海道・余市ワイナリー巡りにて、『サッポロビール』が展開する日本ワインのブランド『サッポログランポレール』筆頭の造り手『弘津ヴィンヤード』へ行ってきました。こちらは『弘津敏』さんと息子さんの『弘津雄一』さんが親子で1990年からぶどう栽培をされている今や最も勢いのある日本のワイン産地・余市の中でもパイオニア的な存在。
ワイン

余市ワインの余市ワイナリー見学 北海道

北海道・余市ワイナリー巡りにて、『余市ワイン』を造る『余市ワイナリー』へ行ってきました。2011年に『余市葡萄酒醸造所』の敷地内にオープンしたワイナリーで、母体は明治5年創業の、札幌で初めて酒造りを営んだ『柴田酒造店』を前身とする『千歳鶴』が有名な『日本清酒』です。敷地内には醸造所やショップはもちろん、レストランやカフ
ワイン

神戸ワインの神戸ワイナリー農業公園 ワイナリー見学 兵庫県神戸市

1984年(昭和59年)に設立した神戸市西区にある『神戸ワイン』を造る『神戸ワイナリー』へ行ってきました。正式な名前は『神戸ワイナリー農業公園』といい、神戸市が農業振興を目的に1979年(昭和54年)にワイン用ぶどう試験栽培をスタートし、1984年(昭和59年)に『神戸ワイン』醸造を中心とした農業体験などの地場産業の
ワイン

シクロヴィンヤード 496ワイナリー 千曲川ワインバレー巡り ワイナリー見学 長野県小諸市

2泊3日掛けて日本有数のワイン産地、長野県『千曲川ワインバレー』ワイナリー巡りに行ってきました。3日目の最後を締め括る9件目は東御市にある『シクロヴィンヤード・496ワイナリー』へ。ワイナリーは定休日で畑だけでも見させていただこうと向かってみると何と畑作業中の『飯島規之』さんと『飯島祐子』さんご夫妻とお会いするできて、
ワイン

カーヴ・ハタノ 千曲川ワインバレー巡り ワイナリー見学 長野県小諸市

2泊3日掛けて日本有数のワイン産地、長野県『千曲川ワインバレー』ワイナリー巡りに行ってきました。3日目の8件目は東御市にある『カーヴ・ハタノ』へ。『ヴィラデストワイナリー』で栽培・醸造主任を務めて独立された『波田野信孝』さんもまた畑仕事の最中にもかかわらず、様々なことを丁寧に教えていただけてとても感謝しております。
ワイン

テールドシエル 千曲川ワインバレー巡り ワイナリー見学 長野県小諸市

2泊3日掛けて日本有数のワイン産地、長野県『千曲川ワインバレー』ワイナリー巡りに行ってきました。3日目の6件目は小諸市にある『テールドシエル』へ。誰に聞いても先に訪れた『ジオヒルズワイナリー』と共に"天空の大地"と称される素晴らしい絶景を望めると聞いていた通り、木彫りの熊が迎えてくれる標高約900mのワイナリーからは
ワイン

中棚荘 ジオヒルズワイナリー 千曲川ワインバレー巡り ワイナリー見学 長野県小諸市

2泊3日掛けて日本有数のワイン産地、長野県『千曲川ワインバレー』ワイナリー巡りに行ってきました。3日目の2件目は小諸市にある明治31年創業、『島崎藤村』や『種田山頭火』ゆかりの旅館『中棚温泉・中棚荘』と『ジオヒルズワイナリー』へ。旅館の前にはヤギの「ドキンちゃん」がお出迎え。前日の『アトリエ・ド・フロマージュ』での羊
ワイン

アンワイナリー&ステイ 千曲川ワインバレー巡り ワイナリー見学 長野県小諸市

2泊3日掛けて日本有数のワイン産地、長野県『千曲川ワインバレー』ワイナリー巡りに行ってきました。3日目の1件目は小諸市にある『アンワイナリー&ステイ』へ。しなの鉄道の小諸駅から歩いて約5分で行けるという好アクセスのワイナリーで、古民家を改築した小さなワイナリーですが、聞けば2階で1日1組から2組ほどの宿泊もやられている
ワイン

小諸なる小宮山酒店 千曲川ワインバレー巡り ワイナリー見学 長野県小諸市

2日目の最後10件目は小諸市にある『小諸なる小宮山酒店』へ行ってきました。昭和27年に生鮮や生活必需人などを卸す雑貨店として開業し、昭和45年に酒店となったこちらのお店のワインのラインナップは長野県のワインはもちろん、世界各国のワインを取り揃えていて、カウンターで200円でそれら長野をはじめとした世界のワインや日本酒
ワイン

はすみふぁーむ&ワイナリー リュードヴァン アトリエ・デュ・ヴァン 千曲川ワインバレー巡り ワイナリー見学 長野県東御市

2泊3日掛けて日本有数のワイン産地、長野県『千曲川ワインバレー』ワイナリー巡りに行ってきました。7件目は東御市にある『はすみふぁーむ&ワイナリー』へ。この日は事前にワイナリーがお休みということは聞いていたのですが、近くを通ったので畑だけ眺めさせていただきました。以前にも伺ってワイナリーも見せていただいたんですが、
ワイン

児玉邸 千曲川ワインバレー巡り ワイナリー見学 長野県東御市

2泊3日掛けて日本有数のワイン産地、長野県『千曲川ワインバレー』ワイナリー巡りに行ってきました。2日目の6件目は東御市にある『児玉邸』へ。『児玉邸』は『児玉家住宅』という『国の登録有形文化財』で、長野ワインのイベントで何度かお会いした、ワインを造られている『児玉俊一』さんからも他の方からもこの『児玉家住宅』のことは聞い
ワイン

ドメーヌ・ナカジマ 千曲川ワインバレー巡り ワイナリー見学 長野県東御市

2泊3日掛けて日本有数のワイン産地、長野県『千曲川ワインバレー』ワイナリー巡りに行ってきました。2日目の5件目は東御市にある『ドメーヌ・ナカジマ』へ。2014年に東御市で4番目に誕生した『ドメーヌ・ナカジマ』。オーナーの『中島豊』さんはフランス・サンテミリオンの畑に感銘を受けたことがワイン造りを目指すきっかけになり、
ワイン

アルカンヴィーニュ 千曲川ワインバレー巡り ワイナリー見学 長野県東御市

2泊3日掛けて日本有数のワイン産地、長野県『千曲川ワインバレー』ワイナリー巡りに行ってきました。2日目の4件目は東御市にある『アルカンヴィーニュ』へ。『ヴィラデスト・ガーデンファーム・アンド・ワイナリー』と同じくエッセイストで画家の『玉村豊男』さんがオーナーで、醸造責任者が『小西超』さんの兄弟ワイナリーであるこちら。
ワイン

ヴィラデスト・ガーデンファーム・アンド・ワイナリー 千曲川ワインバレー巡り ワイナリー見学 長野県東御市

2泊3日掛けて日本有数のワイン産地、長野県『千曲川ワインバレー』ワイナリー巡りに行ってきました。2日目の3件目は東御市にある『ヴィラデスト・ガーデンファーム・アンド・ワイナリー』へ。エッセイストで画家の『玉村豊男』さんがオーナーで、醸造責任者が『小西超』さんのこちらは今やワインの一大産地となった東御の先駆ワイナリー。
ワイン

湯楽里館 ワイン&ビールミュージアム 千曲川ワインバレー巡り 長野県東御市

2泊3日掛けて日本有数のワイン産地、長野県『千曲川ワインバレー』ワイナリー巡りに行ってきました。2日目の2件目は東御市の高台にある日帰り温泉施設『湯楽里館』に隣接する建物の2階にある『ワイン&ビールミュージアム』へ行ってきました。施設はぶどう畑に囲まれているといってもいいくらいの立地にあり、眼下には上田市や東御市の町
ワイン

シャトー・メルシャン・椀子ワイナリー 千曲川ワインバレー巡り ワイナリー見学 長野県上田市

長野県『千曲川ワインバレー』ワイナリー巡り2日目の1件目は上田市にある『シャトー・メルシャン・椀子(まりこ)ワイナリー』へ行ってきました。国内外問わずワインコンクールで多数の金賞受賞歴を持つ日本を代表するワイナリー『メルシャン』の三番目のワイナリーとして2019年9月21日にオープンしたのですが、こちらを訪れるのはその
ワイン

ウォーター・ヴァレー・ヴィンヤード 千曲川ワインバレー巡り ワイナリー見学 長野県上田市

2泊3日掛けて日本有数のワイン産地、長野県『千曲川ワインバレー』ワイナリー巡りに行ってきました。初日の2件目は上田市にある『ウォーター・ヴァレー・ヴィンヤード』へ。ほとんど一般流通していないこちらのワイン。オーナーの『室賀満男』さんとはとある日本ワインのパーティーがご縁でとても仲良くさせていただいております。自らパリピ
ワイン

坂城葡萄酒醸造ワイナリー巡り 千曲川ワインバレー巡り 長野県坂城町

2泊3日掛けて日本有数のワイン産地、長野県『千曲川ワインバレー』ワイナリー巡りに行ってきました。まず初日の1件目はバラの町としても知られる坂城町にある『坂城葡萄酒醸造』からスタート。『坂城葡萄酒醸造』はレストランやショップも併設していて、まずはレストランでランチを楽しみました。料理はイタリアンをベースに地元食材を
グルメ

伊那市 ワイナリーとグルメ巡り 伊那ワイン工房~ドルチェカリーナ~そば処・こやぶ 長野県

長野県伊那市にある『伊那ワイン工房』へ行ってきました。伊那市街から『日本三大桜名所』で有名な『高遠城址公園』に向かう国道361号線沿いの途中にあり、診療所の建物を改装したワイナリーで、今もその名残が残っています。長野県松川町にある『信州まし野ワイン』はじめ、数々のワイナリーで醸造責任者をしてきた『村田純』さんが独立開業
ワイン

ヴァンヴィ ワイナリーショップオープン 長野県松川町

南信州は長野県松川町増野地区にて2020年4月11日にワイナリーショップをオープンしたワイナリー&サイダリー『ヴァンヴィ』のオープン初日に行ってきました。"Vin" はフランス語で「ワイン」、"Vie" はフランス語で「生命」「人生」「生活」「伝記」を意味し、2018年4月4日に設立されました。標高720メートルの場所